海外生活をサバイバルするための知恵と技

メニュー

【料理】白味魚(バサ)のフライ

おそらく日本人ならほとんどの人が口にしたことがある謎の魚「バサ」のフライに挑戦しました。

おそらく日本人ならほとんどの人が口にしたことがある謎の魚「バサ」のフライに挑戦しました。バサは○クドナルドの○ィレオフィッシュに使われているナマズの一種で、ベトナム南部ではとてもポピュラーな大衆魚です。

バサのフィレ

CO.OPマートで購入したバサのフィレです。5枚入りで約40,000VND(187円)と大変お財布に優しい魚です。解凍も簡単にできるので冷凍庫には常備しています。

半分にカット

食べやすいサイズに半分にカットしておきます

唐揚げ粉

こちらはCO.OPマートブランドの唐揚げ粉です。手羽先の唐揚げやベトナムのストリートフードのBOT CHIENに使われますが、今回は薄力粉の代わりにこれを使用。

パン粉

ベトナムではあまりフライ料理は人気ではありませんが、パン粉もスーパーに行けば売っています。色が日本のものに比べると少し黄色いです。

バサに唐揚げ粉、卵黄、パン粉をつけていく

あらかじめ唐揚げ粉とパン粉は広げたキッチンタオルに出しておいて唐揚げ粉、卵黄、パン粉の順番にバサにつけておきます。

フライパンにサラダ油を注ぐ

フライパンに7mm程度油を入れ、中火で熱します。一人分なので、私は15cm径のスキレットを使っていますが、これで十分火が回ります。投入するタイミングはひとつまみのパン粉を油に落としてジュという音を立てたらOKです。

2〜3分揚げる

バサは火が通りやすい魚なのであまり長く火を通す必要はありません。パン粉がきつね色になったら反対側にも火を通します。

完成

ころもが少し剥がれてしましましたが完成です。つけ合わせはカイワレ大根にしました。揚げ物はやはり揚げたてがうまいです。

コメント

Top