海外生活をサバイバルするための知恵と技

メニュー

【水耕栽培】ベトナム生活で不足しがちな新鮮野菜を自宅で供給したいので自給を始めた

いつでも新鮮な野菜を自宅で食べたいと思い、水耕栽培(ハイドロポニックス)に挑戦します。
ベトナムの種

ベトナムのスーパーでも大体の野菜は手に入るのだが・・・

現在の新居に引っ越しした理由のひとつは、オフィスと自宅の間に大規模なスーパーがあることです。ローカルスーパーとしては大手のコープマートがあるので大体の食材は間に合います。

ベトナムのスーパーは野菜や肉は量り売りが主流で、ビニール袋に買いたい量の野菜を詰めて計測係のところで量を計り、プライスシールをつけてもらってからレジに向かいます。自分の好きなだけ少量でも買えるのが良いのですが、お客さんがべたべたと触っていたんでいたり、葉物野菜は枯れたりしなだれたりしていて、品質に関しては正直あまり良いとは言えません。

まずは野菜の種を入手

そこでインテリアも兼ねて自宅で野菜を育てることにしました。コープマートにも野菜の種は売っていますし、コーナンなどでも入手可能です。

購入したのはとりあえずイエローレタス、フリルレタス、バジルの3種類。1袋10,000VND〜15,000VNDと激安ですが、1袋には使い切れないほどの種が入っていました。

本格的に野菜を育てるのは今回が初めてなので、まずは育てやすいものからお試しです。

水耕栽培で野菜を育てる

今回、野菜を育てる方法は「水耕栽培」です。水耕栽培といえば小学生の頃育てたヒアシンスを思い出しますが、原理はあれと同じです。

水と液肥と照明器具だけで育てるので、ベランダにプランターと土を持ち込む必要がありません。室内で育てることができるので衛生的ですし、さほど手間もかからないようです。

水耕栽培に適した野菜・適さない野菜

水耕栽培には適した野菜と適さない野菜があります。レタスやパセリなどの葉物やミニトマトは水耕栽培で育てられますが、大根や人参のような根菜類は適さないようです。

水耕栽培に適した野菜水耕栽培に適さない野菜
レタス ルッコラ アイスプラント イタリアンパセリ バジル ミニトマト 小松菜 水菜 大葉 春菊 サンチュ クレソン 大根 人参 じゃがいも 里芋 など

水耕栽培を始めるのに必要なもの

水耕栽培の方法にも様々な方法があるようですが、今回は初心者でも簡単にできそうなスポンジを使った栽培にトライすることにしました。

必要なものは

  • スポンジ
  • タッパウェア
  • ペットボトル
  • 液肥

の4つです。液肥とペットボトルはしばらく置いて発芽をしてからで良いので、最初に必要なものはスポンジとタッパウェア、そしてもちろん種です。

スポンジ培地による種まき

種まきはスポンジを2センチ角に切って培養地を作ります。

カットしたスポンジの縦方向に切れ目を入れてそこに数粒の種をまいていきます。

タッパウェアにスポンジが湿るほどの水道水を入れてそのまま室内の明るい場所に保管。種によっては発芽をするのに明るい場所を好むものと暗い場所を好むものがあるようですが、今回、試しにトライするレタスとバジルは明るい場所での発芽を好むようです。

発芽

こちらは5日ほど前にスポンジに蒔いたイエローレタスの芽です。品種によって発芽率が異なるので全ての種が芽生えてくれるとは限らないのですが、7割程度が発芽してくれました。

この時点ではスポンジを水につけているだけで肥料は与えていません。

早く成長して収穫ができるのが楽しみです。

コメント

Top