海外生活をサバイバルするための知恵と技

メニュー

【インテリア】Xiaomiのデスクライトは主張しすぎないのがいい

Xiaomiのデスクライトを購入しました。モバイルアプリから操作できて調光、色味変更機能つき。この内容で700,000 VND約3,200円)はコストパフォーマンスが高いと思います。

Xiaomiのデスクライトを入手したのでレポートします。今の中国ブランドは、昔の安物の粗悪品というイメージは全くなく、成型の精度が高くて、品質的、性能的に全く問題なく、しかも安いという競争力を持っています。

日本のAmazonで検索するとなんと¥15,800で売られていますが、私はホーチミン市内で700,000 VND(約3,200円)で購入しました。

Xiaomi Mi LEDデスクライト アプリ操作 調光 輝度 高品質

主張しすぎないデザイン

気に入ったのは全体的にシンプルで主張しすぎないデザインです。配線部分を赤くしてワンポイントになっている以外は、全体的にオフホワイトで統一されています。

電源も丸いボタンが一つだけです。ボタンを押すとオンオフ、ボタンを左右に回すと明るさの調整、ボタンを押したまま左右に回すと色味の調整が可能です。

電源はユニバーサルデザインになっており、ヨーロッパタイプのコンセントやアメリカタイプのコンセントにも対応しています。また電源ケーブルが細いのでデスクでの取り回しも楽です。

調光機能

Xiomiデスクライトには調光機能がついていて色味を変えることができます。暖色系の色から寒色系の色まで、ボタンを押しながら回すと色味を変更することができます。

角度調整

首振り機能はありませんが角度は自由に変更できます。そもそも台の部分を回せば良いので首振り機能は不要です。

モバイルアプリMi Homeに対応

Xiaomiの家電製品の多くはMi Homeアプリからコントロールすることができます。このデスクライトもMi Homeアプリに登録することで、モバイルからコントロールできます。

自分の好きな色と明るさを設定したり

読書モードや

PCモードを選ぶことができます。

またMi Homeに登録することで、モーションセンサーやドアセンサーとも連動が可能です。部屋に入った時に自動的にライトを点けたり、ドアを開いたときにオンオフをしたり、決まった時間が来れば消灯するなどの連動が可能となります。

Xiaomiの製品は本当に安くて良い

残念ながら日本ではまだ流通量が少ないので、Xiaomiの製品に対する知名度は低いですが、東南アジアやインドではかなり力を入れてマーケティングを行なっています。

こういう値段があまり張らない商品もそこそこのデザインと機能を持たせた上で、安いのでお気に入りのブランドです。

コメント

Top